バリレス加工|「切る!」技術|仲代金属

株式会社仲代金属

「切る!」技術

バリレス加工

わずかなバリを解消した、極限の技術

アモルファスを切る

バリレス加工

上―バリレス加工品 下―従来品

二次電池向けリード部材において、安全性や生産性の面から問題視されていた「バリ問題」が、ついに解決しました。長年にわたりお客様からご相談を頂いていた「バリ問題」を、なんとか解決したい一心で試行錯誤を繰り返し、ついに独自の技術を開発いたしました。当社の従来品は、スリット加工の切れ味が良く、バリやカエリが少ないため、「安全性の高い製品である」とのご評価を頂いてまいりました。

今回の「バリレス製品」は、わずかに残ったバリやカエリをも解消し、フラット性を極限まで追求した新技術です。

アモルファス金属は元素の配列が不規則で、強度と粘りが非常に高いという特性があるため、通常の手法では加工が困難です。